交通事故治療「挫骨神経痛」「股関節の痛み」「膝の痛み」「むちうち」のサポートに整骨院のケアはお勧め!!

交通事故での怪我の後遺症や、怪我をしっかり直していく為にも、体のサポートとして整骨院への通院はお勧めです。ここでは、よくある交通事故治療の症状、整骨院でできる治療方法についてお伝えします。

交通事故治療で整骨院を利用する際の基礎知識

福山 整体,福山 腰痛,福山市 頭痛

穏やかな症状に改善する為のサポートを行う

交通事故に遭って怪我をした場合には、怪我の完治を早める為に整骨院に通って、体をケアする人も少なくありません。基本的に、整骨院と言う場所では医師の治療を受ける事はできませんが、国家資格を持った柔道整復師の先生が、体の痛み改善に導く施術を行ってくれます。なので、整骨院では、事故で起きた症状を緩やかに改善していく為に通うべき場所と言えます。

交通事故通院は保険適応

整骨院に通院する場合には、「健康保険が適応するのか?」と言う部分が気になる所ですよね。実は、整骨院での施術は、健康保険適応と不適応なケースがあります。健康保険適応に該当するのは、怪我をしていたり、体に痛みを生じていたりする場合で、不適応に該当するのは、単なる肩凝り等の症状を解したり和らげたりする場合です。
なので、交通事故後の体の痛み緩和が目的で整骨院に通院する場合には、健康保険適応で施術を受ける事ができます。健康保険適応で施術を受ける事ができるので、通院費用の自己負担分を減らす事ができます。

病院との健康保険の併用はできない

整骨院に通院する場合には、同じ体の症状を原因として整骨院と病院の両方を並行通院する際、両方の機関で健康保険を利用する事はできません。同時に同じ原因で通院が重なる場合、どちらか一方の機関しか健康保険は適用されない仕組みになっています。
健康保険を使用して整形外科通院中に、整骨院へも通いたい場合、整骨院の施術代に関しては全額自己負担になる可能性が高くなります。たとえ交通事故が原因の施術でも、健康保険適用が受けられないので覚えておきましょう。

交通事故で発症しやすい症状

福山 整体,福山 腰痛,福山市 頭痛

交通事故で最も多い「むち打ち」

むち打ちは、交通事故等で不自然な強い力が首にかかってしまった事で引き起こる、首の捻挫の事を指します。事故で衝撃を受けた際に、鞭がしなるように首が動く事から、むちうちと言われています。症状の診断名は、頸椎捻挫や外傷性頚部症候群等と言われます。
人間の頭部と言うのはとても重量がある為、それが事故の強い衝撃で前後に揺さぶられるので、頭を支えている首には大きな負担がかかるのです。事故に遭った直後は特に痛みを感じなくても、しばらく経った後から首に痛みが出てくる事もよくあります。
人体にとって極めて重要な神経の束が頭部から背骨に走っており、むち打ちになった事で首周囲の筋肉をはじめ神経を傷つけてしまっている場合もあります。その場合には、首の痛みの他にも、手先の痺れや目まい等を生じる場合もあります。

治療方法

整骨院や鍼灸整骨院等では、国家資格を持った柔道整復師が治療を行います。整形外科からの転院に関しても、最近では整骨院と提携している病院や医院等が多くなり、連携体制がスムーズになっています。
むち打ち症は、病院での治療ももちろん大切ですが、整骨院や鍼灸院等で行われる東洋医学の手法に基づく治療も効果的であると言われています。整骨院、病院でも行われるけん引や温熱療法に沿って、痛みを感じている患部はもちろん、全身マッサージ、ずれた骨を正常に戻す等の整体が行われます。また、鍼灸整骨院では、整骨院の施術に加えて経穴に針を打つ鍼治療が行われます。

ヘルニア予備軍症状には注意が必要「挫骨神経痛」

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、色々な原因で圧迫されたり刺激されたりする事で、痛みや痺れるような痛み症状の事を指します。多くの場合、腰痛が原因となって引き続いて発症します。腰はもちろん、お尻、太腿の後ろ、すね、足先等に痛みや痺れる痛みが出てきます。
発症した年齢が若い場合には、腰椎椎間板ヘルニアになる人が多く、高齢になってから腰部脊柱管狭窄が一気に増加します。腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアは、共に腰椎に起こる異常によって神経根が圧迫され、下半身に痛みや痺れの痛みを引き起こします。

治療方法

坐骨神経痛は、病院でレントゲンやMRIを撮ってもらって、異常なしと言われたものの痛みが直らず、お尻、太もも、ふくらはぎの痛みや痺れが続いている事があります。そんな時にも、整骨院での治療は効果的になっています。
整骨院で行う整体治療により、極端に偏った腰回り、股関節、腰に負担をかけてしまっている足筋肉等の状態を改善していく事ができます。痛みの度合いによって、柔道整体師によるテーピングや超音波機器を活用して治療をする場合もあります。
坐骨神経痛を改善していく為に大切なのは、圧迫されている筋肉を解す事ではありません。筋肉圧迫の原因を治療する事が重要で、その原因を整骨院では丁寧に原因追及を行い、発見し、原因に対して最適なアプローチをしていく事ができます。なので、根本治癒を整骨院で目指す事が可能です。

股関節痛を放置した結果「変形性股関節症」

股関節の痛みの原因には、関節の炎症による関節炎が挙げられます。股関節は、太腿の骨の大腿骨の上端に存在する骨頭部分が、寛骨臼のくぼみにはまり込むような形になっており、脚を色々な方向に動かす事が可能になっています。関節は、軟骨と言われている骨表面が滑らかで弾力のある組織が覆っています。そして、その軟骨が関節を動かしたり、衝撃を和らげたりするクッションの役割を担っています。
基本的に軟骨には耐久性がありますが、加齢の影響を受けて軟骨はすり減ります。なので、関節を守る役割のある軟骨がすり減る事で、変形性股関節症に繋がるのです。その症状が出てくると、股関節を動かしたり体重がかかったりする度に、すり減っている軟骨の下にある骨同士がこすれ合い痛みが生じてきます。それが、変形性股関節症です。

治療方法

整骨院では、股関節運動に関する筋肉緊張の緩和や、股関節運動性を取り戻し、食い込んでいる股関節や骨盤の傾きや捻れ等の骨盤矯正、股関節の矯正等を行う事ができます。これらの施術によって、骨を正常な位置に戻して症状改善に繋げます。また、股関節痛が長引いてしまっている場合には、股関節が筋力低下している場合が多く、整骨院によっては運動療法も行われる事もあります。他にも、症状の影響で歩き方が悪くなっている場合もあるので、その際にも同時に歩行の指導や練習をする事もあります。

交通事故の後遺症になりやすい「半月板損傷」

半月板は、膝関節に存在している三日月型の組織です。大腿骨と脛骨の間に挟まれており、一つの膝関節に二つあります。身体の中心側にある方を内側半月板、外側にある方を外側半月板と言います。膝の役割は、主に、膝に加わる衝撃吸収、重さの分散、動きの安定を図る、動きを滑らかにする等が挙げられます。
半月板を損傷すると、物理的に損傷してしまった状態になっています。なので、膝の曲げ伸ばしが痛い、曲げ伸ばしの際に引っかかりを感じる、完全な膝の曲げ伸ばしができない、水や血液が膝に溜まる等、様々な症状が発症します。

治療方法

変形性膝関節症は、最初は、膝軟骨がすり減ったり、関節包が炎症を起こしたりしますが、症状が進行すると、膝の骨変形が進行します。しかし、これだけが原因ではなく、事故が原因で怪我をしてその後遺症で半月板が炎症する事もあります。その際に、病院から症状を治める薬を処方されますが、それだけでは改善しない場合も多いのも特徴です。
整骨院では、膝に炎症が生じている場合、炎症を静める施術を行うのと同時に、膝にかかる負担軽減の施術も加えて行います。例えば、太腿の筋肉が固くなっている場合には、筋肉を鍛える前に太腿筋肉を解して柔らかくし、本来の筋肉の力を発揮できるようにします。このように、しっかり膝を守る筋力を高めていけるようになるので、事故後の後遺症を施術のサポートによって改善していく事ができます。